検索
  • 癒いこい 加藤

寝起きの腰痛


特に原因に身に覚えがないのに、寝起きに腰が痛いって経験ありませんか?

不思議ですよね~。


今回は、『寝起きの腰痛』について、やっていきたいと思います。



お悩み相談

朝起きると腰が痛いのですが、その原因に身に覚えがありません。


整形外科へ行き、牽引?と電気治療をすれば、その日は調子が良くなりますが、次の朝起きると元に戻っています。


レントゲンでは問題ないと診断されてますが、何か良い治療方法があれば教えてください。



回答

《原因探しが大事》

腰痛だけではないですけど、どこかに問題があると、どんな治療法がいいのかと考えがちです。


この考えが実は、治るのを遅くしちゃうんです。


大事なのは、治し方ではなく、どこが原因で、症状が出てるのか?です。


原因がわからないまま、治療をしても、たまたま原因の場所に、たまたま原因に合った方法で治療できれば早く治ります。


しかし、原因がわからないまま、適当に治療すると、原因と違うところを治療していたり、原因に合っていない方法で治療していると、全然効果が出ないです。


言われれば、すごく当たり前のことですが、こんなことよく起こっていることです。


例えば、咳が出るから病院に行ったら、ろくに検査もせずに、流行りの風邪と言われ、薬をもらって帰る。なんてこと、ありますよね。


あれなんか、まさに、調べずに処方しちゃってるケースです。


たまたま、ほんとに風邪なら効果ありますが、原因が風邪でなければ、薬を飲んでも全然治っていかないです。


だから、レントゲンに問題がないけど、痛みが出ている場合は、治療法を見つける前に、もっとしっかり検査を行っていくべくだと思います。



《骨に異常がない場合は動きのチェック》

腰とかが痛いときは、まずは、骨に異常が無いかのチェックはしておいた方が安心です。


骨にヒビがあったり、折れていたり、腫瘍があったりすれば、外科的処置が必要なになる場合があるからです。


レントゲンで見つからない場合は、内臓のチェックもしておくといいでしょう。


内臓の問題から、腰痛になっているケースもあるからです。


この場合は、内科での検査をしておくといいでしょう。


病院での検査上、問題が見つからなければ、筋肉などの問題になってきます。


筋肉などが原因の場合、腰周辺の動きが悪かったり、筋肉がはっていたり、硬かったりします。


腰周辺の、動きや硬さをチェックした後、なぜ、そんな状況になっているのかを、動きを見ながら検査していくのです。


この時に意識して欲しいのが、全体のバランスです。


身体のバランスが悪いことで、緊張が出ているので、バランスを整えていく調整をしていきます。


ここまで来て、やっと、治し方が出てきます。


治し方はなんでもいいので、身体のバランスが整うように調整していきます。


当院では、血液の循環をよくする調整を行いながら、身体のバランスを整えていく調整を行います。


その他、セルフケアで、治療の補助をしていきます。

そこで、私がおすすめしているのが、この身体を整えるセルフケアです。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》

セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示