​腱鞘炎

1.『腱鞘炎』って、どんな症状?

『腱鞘炎』とは、手の指や手首を使いすぎた時に、指や手首に炎症が起きて痛めたりした症状のことをいいます。

その他に、指を曲げた時に、関節で引っかかり、うまく伸ばせない『ばね指』と呼ばれる症状も、腱鞘炎の一つです。

​以前は、仕事での使いすぎや、育児中のママさんの手首などに多く出ていましたが、最近では、スマホのやりすぎによる『腱鞘炎』も増えてきています。

2.どうして『腱鞘炎』になるの?

『腱鞘炎』は、手の指や手首の使いすぎの症状です。

手の関節には、腱と呼ばれる筋がついていて、それが縮むことで指が曲がります。

腱は、腱鞘という筒状のものの中を通っており、腱と腱鞘が擦れて炎症を起こすと、『腱鞘炎』になります。

3.『腱鞘炎』の治療法

『腱鞘炎』は、炎症による痛みですので、安静にして炎症が落ち着けば痛みはなくなります。

一般的には、安静が一番の治療ですが、ひどい場合は外科的手術のケースもあります。

西洋医学的には、炎症のみを診ていきますが、当院では少し診たてが違います。

『腱鞘炎』は、使いすぎによる炎症というのは、間違いではないと思いますが、実は、使いすぎの前から、部位に異常があるケースが多いと考えています。

要するに、『腱鞘炎』になる前から、患部には問題があり、その影響で、少々の動かし過ぎで炎症が起こってしまったわけです。

当院では、もともと異常のあった原因を見つけ出し、そこを調整することで、使いすぎても『腱鞘炎』になりにくい体つくりを行っていきます。​

​当院の調整法

1.血液循環を上げて筋肉を緩める

『腱鞘炎』は、もともと指や手首の腱などに、問題を抱えていると、先ほど説明しました。

問題のある腱は、血液の循環異常により、硬くなっている状態になっていて、その影響で、使いすぎによる疲労が回復しにくい状態になっています。

だから、疲労が積み重なり、炎症を起こしやすくなるのです。

当院では、血液の循環を上げることで、腱の柔軟性を元に戻し、炎症の起きにくい状態にしていくのです。

​そこで、血液の循環を良くするために、当院では、血液の循環を瞬時で上げてくれる『高濃度炭酸ミスト』の機器を使用して、血液の循環を上げて、筋肉や腱を緩めていきます。

2.『揺らしの調整』で背骨を緩める

血液の循環の原因は、背骨の硬さに原因があります。

背骨が硬いことで、背骨から出ている、さまざまな神経が圧迫されて、無意識に筋肉に力が入ってしまい、血管を収縮させて血液の循環を悪くしてしまっています。

また、背中の筋肉に力が入っていることで、その影響は、指や手首の方の筋肉まで緊張をおこしています。

『高濃度炭酸ミスト』を使用することで、強制的に血液の循環が良くなり、背骨周辺の筋肉の動きが良くなります。

背骨が動きやすい環境になっているところで『揺らす調整』を行うことで、背骨一つ一つの関節が、揺らされて、背骨が緩んできます。

背骨の歪みが軽いところは、これだけで、骨格が整い、腱鞘炎の元が調整されることもあります。

3.『優しいタッチの調整』で骨格を整える

『高濃度炭酸ミスト』で筋肉を緩め、『揺らす調整』で背骨を動かし、骨格を整えやすくした最後に『優しいタッチの調整』で骨格を整えていきます。

この調整は、背中や患部に、軽く触れる程度のタッチの調整を行っていきます。

こんな強さで整うの?と言われるくらい、優しいタッチです。

体に負担をかけないので、赤ちゃんでも問題なく受けられる調整です。

『腱鞘炎』は、炎症を起こしていますので、いくら腱の緊張を無くしても、炎症は残ります。

ですので、初回の調整では、完全に痛みがなくなる事はないと思います。

しかし、腱や筋肉が緩んでいるので、炎症が治まりやすくなっています。

さらに、『高濃度炭酸ミスト』の効果で、患部にたくさんの血液が流れるようになっているので、細胞に栄養が送られるので、損傷の修復が早まります。

​炭酸整体は、炎症の症状にも効果が高い整体法なのです。

営業時間

火-土

10:00-12:00

13:00-20:00

​日,月(定休日)

所在地

〒446-0021 愛知県安城市法連町17-1 マンション久保田102
メール:superseitaishi1@gmail.com

電話番号:0566-78-3641

アクセス

Copyright © 2011 名鉄「南安城駅」駅から徒歩7分 安城市にある整体院 癒いこい All Rights Reserved

0566-78-3641

当日のご予約も承ります!まずお電話ください!
※当日は予約が埋まりやすいため、候補をいくつかご準備して頂けますと取りやすいです。

メールライン登録.png