検索
  • 癒いこい 加藤

頭痛薬っていつ飲んだらいいの?


頭痛って、人には伝わりにくいけど、地味につらい症状です。


あまりなった事のない人には、我慢が足りないだとか、甘えとか言われることもあったり。


そんな辛い頭痛の救世主と言えるのが、頭痛薬です。


頭痛持ちの人は、常に持ち歩いているものです。


これがあるからやっていられるって人も、中にはいるかもしれません。


でも、心の中では、飲み過ぎは良くないよな~って、思っている人も多いと思います。


また、薬は、いつ飲んだら効果的なんだろうって思っている人もいるかも知れないので、その辺を今回は、私の考えをお伝えしていこうと思います。


私の考えはこんな感じです。


頭痛になりそうかな?って思ったら飲む!です。


なってから飲んでも、効果が出るまでに少し時間がかかります。


だから、少し早めに飲んでおくと良いかと思います。


頭痛が起きちゃうと、本当にいろいろなことができなくなってきます。


集中力も落ちるので、生産性が落ちたり、場合によっては危険な目に合うことも考えられます。


だから、なるべく頭痛になる前に症状を押さえておくといいかと思っているからです。


ただし!です。


これは、頭痛にならない対策を同時に進行していくことが条件になります。


頭痛にならない体つくりをおこなっても、すぐには、そんな体にはなりません。


やはり、しばらくは時間がかかります。


頭痛にならない体つくりが出来るまでの間は、頭痛薬でしのいでいきましょう!ということです。


また、頭痛薬を持っていることで、もし、頭痛になっても、なんとかなるという感覚が、頭痛の症状を抑えてくれる保険みたいになっています。


今回の、頭痛薬の飲むタイミングは、頭痛になりそうになったら飲む!ただし、頭痛になりにくい体つくりも同時に行っていくこと!が私の考えになります。


参考になりましたでしょうか?


現在、頭痛に悩んでいる人は、ぜひお越し下さいね(^ω^)

閲覧数:3回0件のコメント