top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

頭痛をなくすために病院に勧められてきました。

【症例】頭痛 30代 女性

頭痛が激しく内科に行って頭痛薬を出してもらったが効果がなく、病院で整体や鍼灸をやってもらうといいと言われ当院に来院されました。




【対処】

頭痛の種類の中に、大きく分けて《緊張型頭痛》《偏頭痛》《郡発頭痛》の3つがあります。


《緊張型頭痛》と言うのは、肩こりとかからくる、頭部の緊張によって起こる頭痛です。頭がズーンと重くなったり、ギューっと締め付けられるような痛みが起こります。


《偏頭痛》と言うのは、頭部の過敏性の頭痛になります。動いた時に、瞬間的にズキっと痛みが出るような頭痛です。


《郡発頭痛》と言うのは、片目の奥がえぐられるような痛みが、年に1〜2回ほど起こります。医学的に原因ははっきりとされていない頭痛です。


当院に来院された患者さんは、《緊張型頭痛》と《偏頭痛》の併用のパターンでした。


基本的に、慢性の《緊張型頭痛》があり、その上に《偏頭痛》の要因が乗っかっている感じです。


《緊張型頭痛》も《偏頭痛》も、最終的に首が緊張することで、頭部に異常が起こります。


首の緊張は、身体のバランスの崩れによって起こりますので、全身の調整が必須です。


だから首や頭部周辺だけを調整しても対処的な処置になってしまいます。


頭痛の調整は、身体全身を整えていかなければいけないものなので、すぐに良くなるものではありません。


徐々に、頭痛にならない身体にしていく必要があります。


今回の患者さんも、頭痛が起きなくなるまでの間は、頭痛薬を処方したりして、痛みを抑えながら、身体作り(調整)を行なっていってもらいます。


頭痛の調整を行なうと言うのは、身体全身を整えていくことになるので、結果的に、頭痛以外の異常も調整されていき健康な身体になってきます。


頭痛だけでなく、肩こり腰痛などの症状も卒業したいと思っているなら、ぜひ当院にお越しください。⇒https://www.iyashi-ikoi.com/


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。

遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒https://bit.ly/3ae5YrV


また、治療しながら、自宅でのセルフケアを行っていくと、調整の効果が上がりますのでセルフケアも患者さんに教えています。


もし、身体を整えるセルフケアを行ってみたいと思っているなら、とても簡単で短時間で出来るのでやってみてください。⇒https://bit.ly/3mLK2si


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒ https://bit.ly/3ngAw0c


本日も ありがとうございました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page