検索
  • 癒いこい 加藤

軟骨が潰れても大丈夫


「腰の軟骨が潰れているから、一生付き合っていくしかないね!」病院でそう言われて諦めていませんか?本当にそうなのでしょうか?


今回は、『軟骨が潰れても大丈夫』について、やっていきたいと思います。


お悩み相談

僕は整形外科で腰椎椎間板症と診断されました。一番下の腰の骨のクッションがつぶれているそうです。


病院で電気治療していましたが全然治りません。どうすればいいのでしょう。


回答

潰れた腰の骨のクッションは、おそらく元に戻ることはないかと思います。


状態を診ていないので、断定はできませんが、痛みがでない状態にはできるかと思います。


今から、その理由を説明していきたいと思います。


軟骨の潰れ=痛みではない

病院では、よく痛みの原因は、軟骨が潰れているから!みたいなことを言われますが、必ずしも、そうとは限りません。というか、私の臨床での経験では、ほとんどそのケースはありません。


なぜなら、痛みの原因が、軟骨の潰れではないからです。


痛みの原因は、腰の筋肉などの炎症、もしくは筋肉の緊張等による血液の循環異常だからです。


炎症も、もともとは、血液循環異常が長期間続いたことによる、過負荷が原因で起こっています。


腰の緊張を起こさせている原因を取り除けば、しだいに痛みはなくなっていきます。


電気治療は効果無いのか?

電気治療をしても効果がないと思っている人もいるようですが、それは大きな勘違いです。電気治療は、効果があります!


ただし、使い方や、どこを電気治療するかで効果は変わります。


電気治療を行って、効果が出なかった場合は、間違った場所を治療しているケースがほとんどだと思います。


今回のように、軟骨が潰れているくらい、体のバランスが崩れている人には、腰に電気治療をしてもほとんど効果はでないでしょう。


人によって、原因が違うし、私自身は電気治療を行いませんので、何とも言えませんが、ふくらはぎや臀部(お尻)、あと背中に電気を当てると効果が出るかもしれません。


理由は、足元と背中の問題が、全身のバランスを崩していることが多く、そこを緩めることで、本来のバランスになってもらい、腰への負担をなくしていきます。


そうすることで、腰の筋肉の緊張をなくし、痛まない状態にするのです。


腰の問題は腰にはない

最終的には、腰に負担が掛かり、腰が痛くなるのですが、そうさせているのは、腰ではありません。


だから、腰だけをどうこうしていても、痛みはなくなりません。


腰への負荷が弱い時は、腰だけの調整でも、痛みはなくなるかもしれません。しかし、腰への負荷がなくなったわけではないので、いずれ、腰に負担がかかってくるので、また、腰が痛くなってきます。


こういうことを繰り返していくうちに、軟骨が潰れていってしまうのです。


身体の歪みを整えていく

腰の状態は、身体全体のバランスによって、日々変化していきます。


だから、腰だけを整えるわけではありません。


全身のバランスを見ながら整えていくことで、腰の状態を良くしていきます。治療院では、全身のバランスがよくなるように調整していきます。


セルフケアでも、どこか特定の場所を整えるのではなく、全身のバランスを取るための方法が良いかと思います。

そこで、私がおすすめしているのが、この身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。

この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》

セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示