検索
  • 癒いこい 加藤

血液検査で貧血だからといって錠剤が効果的とは限らない?


血液検査をした時に出る数値から、治療方針を考える事が多いですが、血液検査には大きな盲点があることをご存知ですか?その盲点を見過ごすと、治療してもなかなか結果がでないことがあります。


今回は、血液検査の盲点について、やっていきたいと思います。


血液検査は結果しかわからない

私の治療院には、妊婦さんの整体もやっているので、たくさんの妊婦さんが調整に来ます。


妊婦さんの中には、貧血と診断されて、鉄剤を処方されている妊婦さんも多くいます。


私の見る限り、鉄剤を処方されて改善している妊婦さんをほとんど見たことがありません。


それはなぜか?


それは、貧血の原因が、鉄分不足ではないからです。


血液検査のデータには、鉄が不足していることが数値で出ています。検査結果は嘘ではないと思います。しかし、なぜ、鉄が不足しているのかは、検査結果からはわかりません。


血液内の鉄は、どのような経路で、血液に含まれるのか?を考えないと、原因は見えてきません。


鉄を摂取できていないのか?鉄を吸収できていないのか?鉄を血液に還元できなかったのか?など、どこで躓いているかを考えないで、治療はスタートすべきではないと私は思います。


単純に、血液検査の結果だけを見て、鉄を摂取すればいいと思うのは違うと思います。


生活習慣をチェックする

では、どこで躓いているのかを知るためには、何をしたらいいか?


それは、生活習慣をチェックすることです。


とくにチェックして欲しいのは、普段、どんな食事をしているかです。


食事をチェックした時に、明らかに、鉄分不足になるであろう食生活であれば、まずは、鉄分を摂取することを試すのはアリだと思います。


しかし、食事をチェックした時に、そこまでおかしくない食事のないようであるなら、原因はほかにあると考えるべきだと思います。


次に、考えることは、体調です。お腹に、張りとかがないかのチェックです。


お腹が張っているとかであれば、腸の機能が低下している可能性があります。

この場合、吸収異常を疑ったりします。


このように、血液検査だけで、すべてがわかると思うのは、とても危険なことを知っておくといいと思います。


身体を整える

食事をチェックしたのち、食事に問題なさそうな時は、ほとんどが、内臓の機能低下です。そして、内臓の機能低下の原因は、身体の歪みです。


身体の歪みが、内臓を緊張させて、機能低下させているのです。


身体が整ってくると、内臓の機能が戻ってきて、正しく吸収したらするので、徐々に、検査結果が良くなってきます。


すぐ、薬などに頼るのではなく、本来持っている能力を発揮できる身体に整えることを考えて欲しいです。


そこで、私がおすすめしているのが、身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》

本日も ありがとうございました。

閲覧数:4回0件のコメント