検索
  • 癒いこい 加藤

薬を飲むのって正しいの?


風邪をひいた時、あなたは薬を飲みますか?それとも、薬は飲まないで、治癒力に任せて安静にしていますか?


果たして何が正しいのでしょうか?


今回は、『薬を飲むのって正しいの?』について、やっていきたいと思います。


お悩み相談

例えば風邪をひいて熱が出た場合、つい解熱剤を飲みがちですが、免疫が働いた結果に熱が出ているわけなので、むしろ熱を覚ますようなことをしてはいけないと本に書いてありました(素人なので細かなニュアンスや表現に語弊があることをご容赦ください)。


なので、こういったときにどうするかというと、体力の消耗に備えて水やバナナを取るといいそうです。


せっかく出てきた体の治癒力と伴走する考えなのかなと思いました。


"体から出る痛みや苦しみは、何かを表す意味があるもので、役割を終えれば自然と消える"のように私はとらえました。


だとすると、例えば生理痛の頭痛にも意味があり、極力我慢した方がいいのでしょうか?


私は生理前に、よく激しい頭痛がするのですが、今月もご多分にもれず、午前中は悶絶してました。


そして、ついロキソニンを飲んでしまいました。


頭痛はおさまり、無事にその後の用事も済ませたのですが、選択が正しかったのかわかりません。


東洋医学も根性論というわけではないと思うので、耐え難いほどのものだった場合は、薬を飲むなどの対処をしていいのでしょうか。



回答

相談者さんの質問にまずは答えますね。


生理痛や頭痛が辛かったら薬を飲むのは悪くないと思います。そして、生理痛などが起きないような身体作りを行なっていって欲しいと思います。


身体作りを始めても、すぐには、生理痛や頭痛は無くならないと思いますので、それまでは薬を利用しながら乗り切っていったらいいと思います。


相談者さんが言っているように、症状は、身体からの何かのサインです。


だから、本来は、安静に休息をとって、体力や免疫力を上げて自然に回復していくのが良いかと思います。


とはいえ、必ずしも、いつも安静にしていられる環境でいられないのも現実あると思います。


そういう時は、薬などを使用して、症状を緩和することは悪いことではないと私は思っています。


ただ知っていて欲しいのは、症状が楽になったことは、治ったとは違うということです。


あくまで、薬などは症状を抑えたに過ぎなくて治ってはいないのです。


症状が軽くなったり、無くなった後に、しっかり休息をとったり、今後、症状が出ないように、身体の調整を行うことが大切なのです。


薬に依存してしまわないように気をつけて欲しいです。


生理痛も、身体を整えていくと起きなくなってきますので、身体を整えていきましょう。


身体を整えるのは、治療院などで行うのが賢明だと思いますが、セルフケアでもできなくはありません。

そこで、私がおすすめしているのが、この身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。

この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》

セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》

一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示