top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

膝関節の痛みに効果がある方法は?

更新日:1月19日


【お悩み相談】

91歳の父が膝関節の痛みが強くなり悩んでいます。


自転車タイプの足の運動が出来る器具はあるのですが、それよりもブルブルマシンのような足の下で振動させるマシンの方が効果はありますか?


逆に痛くなってしまわないか心配です。


歩行は杖でゆっくりできる状態です。


歩くのが歳と共に苦痛になってきてしまい、痛みもあり以前よりさらに体を動かせない状態です。


軟骨の手術は年齢的にできないので、1番効果があるものは何か考えています。




【回答】

膝関節が痛くなっている原因を調べないと、どんな方法が効果的かわかりません。


どんな事でも同じなのですが、原因を知らずに、対策をしても効果が出ないことの方が多いです。


それは、原因とやっていることがズレていることが多いからです。


大事なのは、原因に対して効果的な方法で対策を行うことです。


今回のケースも同じです。


膝関節の痛みといっても、原因は様々です。


人によって、膝関節が痛くなった経緯が違います。


何が原因で、痛くなっているのかを調べないと、方法は見つけられないのです。


そして、痛みの原因も、痛みを出している直接的な原因と、その原因を引き起こした原因、さらにその原因の原因といった感じで、原因を深堀していく必要があります。


例えば、膝関節の痛みがあると、病院では、レントゲンなんかをとったりします。


そうすると、膝の軟骨なんかがすり減っているのを発見したりします。


軟骨が減っているのが原因として、膝にヒアルロン酸の注射なんかをしたりします。


これがいけないとは思いません。


しかし、本当に膝関節の痛みの原因は、軟骨が減ったっことなのでしょうか?


もう少し、考察すべきだと私は思うのです。


なぜ軟骨は減ってしまったのか?


ここの問題を解決すべきなのでは?と思うのです。


軟骨は勝手に減ったりしません。


歳とったからとか言う人もいますが、それって本当?って思います。


私は、歳とか関係なく、膝に余計な負荷が長期にわたりかかったことが原因で、軟骨が減ったと思うのです。


だから、膝に負荷をかけてしまった原因を見つけ出して、そこを対処すべきだと思うのです。


膝に負荷をかけたのは、膝の捻れです。


膝が捻れたのは、足首か股関節の捻れです。


足首の捻れや、股関節の捻れは、骨盤周辺の捻れです。


骨盤周辺の捻れは、腰の捻れです。


腰の捻れは、、、みたいに、どんどん原因を追求していく必要があるのです。


どんどん原因を追求していった先の最後の原因にアプローチするのです。


最後の原因に効果的な方法が、運動なのか?調整なのか?食事なのか?など考えるのです。


これは、一つの例です。


膝関節の痛みをなくすための対策は、こうやって、原因を見つけてから出なければ、効果が出ないと私は思います。


単純に、膝関節の痛みには、この方法が効果的!なんて、気軽に言えないと私は考えます。


お父さんの膝関節の痛みをどうにかしたいのであれば、原因をしっかり調べてくれるところにまずは連れていくべきだと思います。


対策はそれからです。


もし、どこに連れていったらいいのかわからなければ、当院にお越しください。


原因を調べた上、身体全身を整えて、膝関節だけでなく、健康な身体に整えていきます。


また、身体を整えながら、自宅でできるセルフケアを行なってもらうとさらに良いかと思います。


もし、セルフケアをするなら、以下のセルフケアをお勧めしています。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


この動画は、無料です。


こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。


遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。


閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page