検索
  • 癒いこい 加藤

膝の痛みの取り方



【お悩み相談】

左ひざの内側が、正座やあぐらをかいた後立ち上がる時に痛みます。

痛みが治るか、軽減する方法を教えてください。よろしくお願いします。



【回答】

膝の痛みの直接の原因は、ザックリ言えば、膝の関節が捻れてしまっている状態で、曲げ伸ばしするから痛くなります。


今は、捻れがまだ少ないみたいなので、曲げたりしたときは、痛みが出ていないみたいですね。


捻れがひどくなると、曲げる時でも痛みが出るようになると思います。


膝が捻れた状態で、しばらく、膝を曲げていると、筋肉の緊張や曲げたことでの圧迫で、膝周りの血流が悪くなってきますので、しだいに筋肉が冷えてきます。


この冷えが、筋肉を硬くさせてしまって、伸ばした時に痛みが出て来るのです。


では、どうしたら、膝の痛みが軽減したり、なくなるのか?ですが


それは、最終的に、膝の捻れの無い体にしていけば、正座やあぐらをしても痛まない膝になります。


この状態を目指すためには、膝周りの筋肉のバランスを整える必要があります。


おそらく、膝周りの筋肉で、緊張してる筋肉が何箇所かあると思います。


セルフケアで対応するなら、その緊張している筋肉を無理のない範囲で、マッサージかストレッチで緩めていってください。


対処的な処置ではありますが、膝の痛みが軽減する可能性があると思います。


では、今度は、セルフケアではなく、しっかり調整をするならどうするか?


これは、膝ではなく、腰や骨盤など、その他の部分を調整する必要が出てくると思います。


そもそも、膝周りの筋肉が緊張しているのは、腰や骨盤、場合によっては、その他の部分の影響から緊張してきます。


だから、その部分を、検査で見つけ出し、そこを調整していくことで、徐々に膝周りの捻れがなくなってきます。


セルフケアでは、最終的に緊張してしまった膝周りの筋肉しかアプローチしませんので、また、いずれ膝周りの筋肉は緊張して来ると思います。


そのため、膝周りだけのケアでは、いつまでたっても、膝の痛みは無くならない可能性があります。


そのことは、知っておくと良いと思います。


そうではなく、膝だけではなく、腰や骨盤などの調整もしておけば、膝周りの緊張はなくなってきますので、再発しにくくなります。


もし、膝の痛みが出ない体にしたければ、膝以外の調整は必要だというわけです。


しかし、膝の捻れを取るための調整を始めても、すぐには捻れがなくなるわけではありません。


だから、しばらくの間は、マッサージやストレッチなどの、セルフケアをおこないながら、しのいでいくのが良いかと思います。


膝の痛みを減らしたり、無くしたりしたければ、体をしっかり整えて、膝の痛みをなくしていきましょう。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

指先のしびれの原因

【お悩み相談】 ひと月前から左手親指と人差し指がしびれています。 原因はなんでしょうか? 改善方法が有ればお願いします。 【回答】 細かい検査をしないと、断定はできませんが、可能性としては、左手の筋肉の緊張だとお思います。 脳の影響でのしびれの場合、ろれつが悪くなったり、半身に麻痺症状が出たりします。 今回の場合そのような症状は出ていないようなので、脳の影響ではないと思われます。 しびれは、血液の

ギックリ腰の対処について

【お悩み相談】 ギックリ腰になりました。 病院に行ったら 薬を処方してもらい 腰を温め無いように 3.4週間で安静にしてれば治ります。と言われました。 3.4週間は 長いので 仕事したいので 少しでも早く治したいのですが、整体師? マッサージ?とか すると早く治りますか? 【回答】 まず、理解しておいて欲しいことがあります。 治るという定義についてです。 治るっていうのは、人によって解釈がだいぶ違

営業時間

火-土

10:00-12:00

13:00-20:00

​日,月(定休日)

所在地

〒446-0021 愛知県安城市法連町17-1 マンション久保田102
メール:superseitaishi1@gmail.com

電話番号:0566-78-3641

アクセス

Copyright © 2011 名鉄「南安城駅」駅から徒歩7分 安城市にある整体院 癒いこい All Rights Reserved

​​ホーム|プライバシーポリシー

0566-78-3641

当日のご予約も承ります!まずお電話ください!
※当日は予約が埋まりやすいため、候補をいくつかご準備して頂けますと取りやすいです。

メールライン登録6.png