検索
  • 癒いこい 加藤

腰痛の時、どうしたらいいですか?

日本人の1/4が腰痛と言われるほど、腰痛になっている人がいるそうです。

実際に、腰痛になったとき、どこに治療にいったらいいのか?悩むかもしれません。

今回は、腰痛になったときの対処等をやっていきたいと思います。


見出しにもありますが、腰痛には、急性の物と、慢性の物があります。

その他、内臓疾患が絡んでいる場合と、筋肉経由のものがあります。

原因によっては、対処が変わるので、一番大切なのは、検査だと思います。


急性期というのは、ぎっくり腰みたいな外傷のものがほとんどです。

慢性期は、内臓疾患、患部の冷え、怪我などの後の、後遺症などもあります。


先程もお伝えしましたが、腰痛にしても何にしても、症状を治療するときは、検査が一番大切です。

なぜなら、原因がはっきりしなければ、治療しようがないからです。


腰が痛いといっても、筋肉が原因かもしれませんし、骨が原因かもしれません。

場合によっては、内臓疾患が原因かもしれません。

その原因を、データや視覚化してくれるのが病院だからです。


私は、治療家ですので、レントゲンを撮ることができません。

なので、骨折しているかどうか、視覚化することができません。

血液検査もできないので、内臓疾患かどうかも、データで見ることができません。


体の歪みや、肌の色、その他の要素から、検査を行うことはできますが、視覚化やデータで患者さんにお見せできないのです。

なので、腰痛の時は、まずは、病院で骨に異常はないか?内臓に異常がないか?を検査しておくことをおすすめします。


一番よろしくないのは、自己判断で、湿布などで処置をすることです。


痛みはもしかしたら、なくなるかもしれませんが、痛みがなくなっただけで、原因がなくなったわけではありませんので、再発、もしくは悪化します。

必ず、病院で検査を受けることをおすすめします。


病院で検査をして、原因がわかったら、そこから治療がスタートしていきます。

原因がなんだったかによって、治療法は変わってきます。

骨などの問題であれば、病院が良いかもしれません。

内臓疾患であれば、病院とその他治療院の併用がおすすめです。

筋肉や歪みの問題であれば、治療院が良いかと思います。


原因がなんであっても、体に歪みがあると、治りが遅くなります。


なぜなら、歪みは体の緊張を作って、さまざまな機能低下を引き起こします。

逆を言えば、歪みがない状態なら、最大限の治癒力で治っていきます。

そもそも、外傷以外の原因は、体の歪みが原因で腰痛になっています。

だから、腰痛を治療するときは、身体の歪みを整えるべきなのです。


治療を行いつつ、自宅では、セルフケアを行うともっと効果がよくなると思います。


そこで、私がおすすめしているのが、身体を整えるセルフケアです。

とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、腰の歪みを予防して欲しいです。

以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。

治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示