検索
  • 癒いこい 加藤

脊柱管狭窄症は治るの?




歩き出すと、お尻や腿などに辛い痛みが出てくる脊柱管狭窄症。


手術すれば良くなるものなのか気になりませんか?


今回は『脊柱管狭窄症は治るの?』についてやっていきたいと思います。




【お悩み相談】

脊柱管狭窄症は完治しますか?


手術しても歩けなくなったり排尿排泄ができなくなったりすることはありますか?




【回答】

まず、完治するかどうかの前に、完治の定義をしておきたいと思います。


これは、人によって完治の定義が違うからです。


例えば、痛みや痺れがない状態を完治という人もいれば、狭窄症などであれば、骨などの形状なども元に戻ることを完治といったりします。


ゴールが違っていると、話が噛み合わなくなりますので、今回では、形状も何もかも異常前に戻ることを完治といたします。


何もかも元に戻るを完治とした場合、脊柱管狭窄症の完治は難しいケースもあります。


特に、手術の場合は、メスを入れますので完治は無理です。


しかし、完治ではなく、痺れや痛みなどの症状が出ないようにすることは可能です。


症状に関しては、よっぽど進行した状態でなければ、手術を行わなくてもなくなるケースは多いです。


脊柱管狭窄症は、脊柱管が圧迫されることで症状が出ている場合と、そうでない場合があります。


脊柱管で起こっている場合は、手術が必要になることもあります。


本当に手術が必要な場合、手術をしても、何かしら症状や後遺症が残るケースはあるかもしれません。


しかし、ほとんどの場合、レントゲンやMRIでの画像診断で、狭窄が写っていても、それが原因で痛みが出ていないことが多いのです。


実際は、狭窄している付近の筋肉の緊張が原因で症状が出ています。


だから、筋肉の緊張がなくなると、狭窄が残っていても、症状が出なくなります。


この場合は、症状や後遺症が残るケースはないともいます。


症状は、狭窄によるものかそうでないのかは、正直判断することは難しいと思います。


なので、いきなり手術するのではなく、まずは、身体を整えていくことで状態をみていくことを私はおすすめしています。


仮に、狭窄が原因で症状が出ていたとしても、元々は、狭窄してしまうような、筋肉の緊張が、そこにあるので、緊張をとっておくことで、術後の回復なども良くなりますし、後遺症も残りにくくなります。


では、どのような調整が良いのでしょうか?


それは、全身のバランスを整えていくことです。


狭窄を起こしてしまうのは、その部分に過度の負荷がかかっているからです。


だから、一部分に過度の負荷がかからないように、全身を整えていくのです。


一回で、全てのバランスが整うわけではないので、少しずつ、全身のバランスを整えていきます。


そうすることで、徐々に狭窄付近の筋肉の緊張が弱くなっていき、最終的には、症状がなくなったり、手術前の準備ができます。


狭窄の調整は、治療院の調整に、自宅でのセルフケアが効果的です。


そこで、私がおすすめしているのが、この身体を整えるセルフケアです。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。


詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。





閲覧数:18回0件のコメント