検索
  • 癒いこい 加藤

癌の意味を考えてみる


先日、私の仲間が旅たった。病院では、癌と診断されていた人だ。世間一般的に、癌で亡くなったと考えるのが普通なのかもしれない。でも、私は少し違う解釈をしている。


今回は、癌について、私の個人の考え方をお伝えしていきたいと思います。 ※医学的根拠のある話ではありませんので、よろしくお願いいたします。


癌は一体何なのか?

私の考える癌とは、『かさぶた』と考えている。いきなり何を言っているのか?と思わないで欲しい。今から、なぜ『かさぶた』と考えているかを説明していきたいと思う。


医学的には、細胞が変異し、癌細胞になって、臓器が機能不全をおこしてしまう。こういう見方をすると思います。これは、事実だと思います。


私が、あなたにお伝えしたいのは、なぜ、細胞が変異してしまったのか?の部分です。


例えば、胃癌で考えてみましょう。


胃のある部分に、何かしらの負荷がかかっていたとします。通常は、自然治癒などで、負荷がかかっていても、凌ぐことができます。


しかし、ある一定以上の負荷がかかると、その部分が炎症を起こしてきます。その炎症も、始めは治癒で抑えることもできますが、次第にそれもできなくなってきます。


その時に、その炎症に対応するために、細胞を変異(硬くして)その部分を守ろうとしたのが癌なんです。


イメージとしたら、足を擦りむいたあとに、止血をするために『かさぶた』ができたのと同じ感じです。


『かさぶた』を作っても、まだ負荷がかかり、炎症が広がると、さらに『かさぶた』が広がります。癌も同じで、炎症を抑えようとして大きくなっていきます。


『かさぶた』も癌も、硬いので、広がりすぎると、その影響で機能不全を起こしてしまうのです。さて、どうしたら、この現象をなくすことができると思いますか?


癌が悪いわけではない

最終的には、癌が広がって、機能不全などを引き起こしていますが、もともとは、ある部位に、負荷がかかっていたことが原因です。


癌は、その部分を守ろうとしていたのです。対処すべき場所は、どこでしょうか?


そうです!負荷をかけていたところです。癌が悪いわけではない!そこを、処置しなければ、収まらないのです。癌をいくら処置しても、負荷をかけている部分が残っていれば、再発してしまうのです。


負荷をかけているのはどこ?

では、大元の原因は、どこにあるのでしょうか?これは、人によって違います。同じような症状でも、そこまでのプロセスは人それぞれだからです。


幼少期の問題が紐づいて、最終的に癌になるような症状であれば、かなり複数の原因が身体に潜んでいるでしょう。


大人になってからの問題で、癌になっていれば、原因も少ない可能性があります。どちらにしても、癌になる原因は、一つではありません。


しかし、人の体は全てつながっています。なので、全身を整えていけば、いろいろ連動して、複数の原因も、同時に整い始めます。


癌の進行具合にもよりますが、体を整えることで、癌のもとにアプローチできれば、自然に癌はなくなると考えています。


癌の進行が早いようなら、癌の進行を抑える処置をしつつ、体を整え、大元の原因にアプローチするのがいいかと思います。


癌になってからでも、いいですが、できれば、そうなる前から体は整えておくのがいいでしょう。そのために、日々セルフケアで体を整えておくことをおすすめします。


そこで、私がおすすめしているのが、身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:1回0件のコメント