top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

痛みの場所が原因とは限らない



【症例】お尻の上あたりの痛み(30代 男性)

腰の右側が痛い。背骨ではなく右側、ズボンの後ろポケットの上の方。昨日、冷蔵庫持ち上げたりして、その後、畳に胡座で座りながら長時間ゲームしていた。今朝になったら更に痛くなっていた。



【対処】

重いものを持ったりとかした後に、腰が痛くなることってよく聞きますよね。


大体は、痛い箇所に問題がでることも多いので、つい、そこに意識が行きがちですが、そこに囚われるとなかなか治らないことがあります。


常に、どんな症状でも、全体で物事を捉える必要があるのです。


患者さんからの情報は、とても大事です。


しかし、そこに囚われると、本質を見失うので、当院では、情報は情報として聞いて、その情報とは関係なく、全身のバランスや動きなどを俯瞰してゼロからチェックしていきます。


今回の患者さんも、腰だけの問題ではありませんでした。


痛みの出ている部分は、確かに、炎症を起こしていました。


しかし、それ以前から、その部分の緊張があったことが検査によりわかりました。


痛めた部分は、もともと、足首の捻じれの影響を受けていて、常に筋肉が緊張していたようです。


緊張していた状態で、重いものを持ったことで筋肉が損傷を起こし炎症したようです。


こういうケースは多いのです。


こういう時は、緊張していた部位が損傷しているので、治りが遅くなります。


なので、安静にしていても良くなるのですが、早く治癒させたければ、足首の捻れを整え、患部の緊張をとってあげておくことが大事になります。


実際に、足首の調整をすることで、痛みがほとんど無くなりました。


このように、痛みの原因が必ずしも、患部だけにあるとは限らないのです。


もし、なかなか楽にならない症状があるときは、患部に囚われずにチェックをしてみてくださいね。


気になる症状がある人は、ぜひ、当院にお越しください。


基本的には、どんな症状でも対応させていただきます。調整、質問があるときはお問合せくださいね。⇒https://www.iyashi-ikoi.com/


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。

遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒https://www.iyashi-ikoi.com/web


また、治療しながら、自宅でのセルフケアを行っていくと、調整の効果が上がりますのでセルフケアも患者さんに教えています。


もし、身体を整えるセルフケアを行ってみたいと思っているなら、とても簡単で短時間で出来るのでやってみてください。⇒https://bit.ly/3mLK2si


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒ https://bit.ly/3ngAw0c


本日も ありがとうございました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page