検索
  • 癒いこい 加藤

産後の骨盤調整は本当に必要?


出産後にお尻が大きくなって、以前のズボンが履けなくなった!って、あなたは思っているかもしれません。


そして、なんとかして以前履けていたズボンが履けるように、骨盤矯正を受けに整体や接骨院などの治療院にあなたは通っている、もしくは、通おうか悩んでいるところでしょう。


なぜ、あなたは、骨盤調整を受けてみようと思ったのでしょうか?


きっと、なんとなく効果があると思って!とか、ネットで調べていたらやたらと骨盤矯正が出てくるから来てみたとかだと思います。


確かに、骨盤が原因でお尻が大きくなるケースもなくはないと思います。


しかし、実際のところ、骨盤が直接の原因の時は、少ないと当院では考えています。


特に、産後の骨盤は、まだ、妊娠時のホルモンの影響を受けていて、骨盤の安定感がありません。


だから、この頃の骨盤は、骨盤自体の問題よりは、周りの影響を受けて、骨盤に問題が起こっていることが多いです。


どういうことか?


仮に、骨盤が歪んでいたとしたら(実際は歪んだりしませんが)それは、腰や足などの影響を受けて、バランスを取るために歪んでいることがほとんどです。


この場合、いきなり骨盤にアプローチをしてしまうと、骨盤は他の影響での歪みなので、アプローチに反発して、緊張を強くしてしまったり、時には逆に痛めてしまうこともあります。


骨盤だけではないですが、調整するときは、その部位の原因をしっかり見つけてからアプローチするのが良いかと思います。


私の経験上、骨盤を触らなくても、本当の原因に対してアプローチをしておけば、連動して骨盤にも効果が出てきます。 ちなみに、産後にお尻が大きなった人の原因で、一番多いのは、脚のねじれが原因です。


太ももが内側にねじれていて、脚の付け根が外側にはみ出たようなつき方をしているのです。


ここに、脂肪や筋肉がついてしまって、大きくなっています。


この場合は、骨盤ではなく、脚の調整を行うケースになります。


今、産後の骨盤を調整して欲しい人は、適切な見立てをしてくれるところに調整しに行ってくださね。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示