検索
  • 癒いこい 加藤

環境は遺伝を上回る?


遺伝の研究は年々進んでいます。その中でも、遺伝性の問題も、環境次第で克服できるという研究結果もあるそうです。


今回は、生活環境の大切さ!について、やっていきたいと思います。


遺伝性の鬱病も環境で良くなった

ある研究で、遺伝性の鬱病をもったマウスを、広い空間、遊べる空間などを与えたところ、鬱病が改善したという研究結果がでたそう。


逆に、正常なマウスを、ストレスのかかる空間で生活させたところ、鬱病の症状を発症したらしい。


このことから、遺伝性の問題があったとしても、環境しだいで、変化させることが可能なことがみえてきたらしい。


すべての問題に言えることではないが、この研究結果は、参考になると思う。


日々の習慣が大事

なにげにやっている習慣が、あなたの考え方や行動、健康状態をつくっています。その習慣は、遺伝性の問題さえも、変化させていきます。


悪い習慣は、どんなに正常な体であっても、悪くするということです。


自分で悪い習慣とわかっている時はまだいいのですが、良いと思っているのに、実は悪い習慣だったというのが厄介です。


だから、客観的に、チェックをしてくれる人が、いたほうが良いのです。それが、専門家と言われる、お医者さんだったり、治療家だったり、コーチと言われる人達です。


そういう人たちに、定期的にチェックしてもらいましょう。


依存はやめよう

とはいえ、専門家に全てを任せるような依存はよろしくありません。


基本は、自分の状態は、自分で管理するです。そして、軌道修正をしてもらうために、時々、専門家にお願いするのです。


体の管理といえば、セルフケアです。セルフケアをするなら、部分的にではなく、全身のケアを行いましょう。

そこで、私がおすすめしているのが、この身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。

以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示