top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

特に天気痛がつらい



【症例】頭痛、吐き気、天気痛(30代 女性)

毎日頭が痛い。特に、曇りとか雨とかの天気の悪い日は強く痛む。酷いときは吐き気がする。




【対処】

頭痛といっても、原因はいろいろですが、必ず影響しているのは首です。首のどこかが必ず緊張しています。その緊張を緩めることができれば頭痛は起きなくなります。


だからといって、首をマッサージすればいいのかというと、そういうわけではありません。最終的に首に対して何かしらの処置が必要なこともありますが、基本的には、首は、何かの影響を受けて緊張していますので、まずは、≪何か?≫を見つけて、そこの対処が大事になります。


その≪何か?≫も、一回で対処できるとは限らないことも知っておくといいです。


今回の患者さんは、首の根元の緊張が原因で、慢性の頭痛になっていました。首の根元は、自律神経の働きと関わりがあって、そこが緊張していると自律神経の機能が低下することがあります。


この機能低下によって、気圧の変化に身体が対応できなくなり、≪天気痛≫と言われる、天気が悪い時に頭痛が起こるようなことがあるのです。


この患者さんの首の緊張ですが、腰の緊張の影響を受けていました。さらに、腰の緊張は、左足首の捻じれの影響を受けていました。


足首の捻じれを調整すると、腰の緊張も緩み、首の緊張も取れてきました。足首の調整後、頭痛もほとんど感じなくなりました。


ただし、腰の緊張が完全には取り切れなかったので、今は楽になった頭痛も、しだいに戻ってくると思われます。


腰の緊張は、おそらく、長年の緊張によって、腰の筋肉の組織自体が損傷していると思われます。組織が修復するまでに、一週間以上はかかると予想できたので、週一回のペースで調整をしていくことにしました。


3回ほど調整しましたが、初めの2週間くらいは、毎日あった頭痛が、週に1~2回軽く出るくらいになり、3回目の調整の時は頭痛が出なくなっていました。


当初の悩みであった頭痛はでなくなりましたが、身体全身のバランスはまだ悪い状態でしたので、健康な身体つくりのために、今は、2週間に一回のペースで、身体を整えています。


頭痛は、頭に症状が出るので、どうしても意識が頭に行きがちですが、ほとんどの場合、頭に原因があることはありません。


頭痛だけではないのですが、症状があるところに、原因の根っこがあることはほとんどなく(外傷とかでなければ)、その他の場所に複数あります。


この複数の原因が絡み合って、巡り巡って症状となって表に出てきます。


ただ、痛みをなくすではなく、痛みのでない身体にしていきたいのであれば、必ず、身体全体の検査が必要です。


そして、身体の異常は、いきなり全てが良くなるわけではなく、細胞の入れ替わりが必要な場合がほとんどです。


ですので、身体を変えていくには、それなりの時間が必要になることを知っておいてほしいです。


そういうことも知ったうえで、身体を変えていきたいと思っているのであれば、ぜひ、当院にお越しください。基本的には、どんな症状でも対応させていただきます。調整、質問があるときはお問合せくださいね。⇒https://www.iyashi-ikoi.com/


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。

遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒https://bit.ly/3ae5YrV


また、治療しながら、自宅でのセルフケアを行っていくと、調整の効果が上がりますのでセルフケアも患者さんに教えています。


もし、身体を整えるセルフケアを行ってみたいと思っているなら、とても簡単で短時間で出来るのでやってみてください。⇒https://bit.ly/3mLK2si


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒ https://bit.ly/3ngAw0c


本日も ありがとうございました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page