検索
  • 癒いこい 加藤

歯にとってダメージを与える成分とは?


小さい時に、「甘いもの食べると歯が溶けるよ!」って言われました。あれって、本当なんでしょうか?それとも、躾のための脅しだったのでしょうか(笑)


今回は、そんな歯についてやっていきたいと思います。


歯を溶かすって本当?

甘いもの(糖)は歯を溶かすなんて、よく耳にします。


これは口腔内のバクテリアが糖をエサとするという根拠のようです。しかし、ある実験では、無糖のドリンクを飲んでも、歯のエナメル質は柔らかくなったというデータが出たそうです。


これは、加工食品などに含まれる、クエン酸やリン酸が要因ではないかと考えられているそうです。


あなたが食べているものは、加工食品が多いと思います。無糖だからといって安心していると、危険かもしれませんね。


どうしたらいいか?

この実験をした博士によると、以下の項目を気をつけるといいと言っているそうです。


1. クエン酸やリン酸といった酸性の添加物について製品ラベルを確認する。

2. 水(できればフッ化物を添加したもの??これはNG!)を飲み、ソフトドリンクやスポーツドリンクを減らす。

3. 酸性の飲食物を摂取した後は、水で口をすすぎ、1時間待ってから歯を磨く

意識すれば、できそうなものばかりですから、意識して見ると良さそうですね。


首を整えると虫歯になりにくい

通常、口の中は中性です。しかし、食事をすると、食べ物そのものの酸や、細菌が食べ物を分解しようと出す酸により、口の中は酸性になります。この間はわずか数分です。


酸性になると、歯の表面が溶け出していきます。


このとき唾液(つば)が威力を発揮します。口の中を洗いながし、酸性の度合いを薄めてまた中性に戻そうとします。


溶け出した部分は、唾液に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンがその部分に浸透し、元に戻そうとします。


この一連の流れを、私たちは食事の度に繰り返しています。虫歯になるかどうかは、唾液の量に関係していると言えます。


では、唾液のコントロールはどこの影響を受けやすいかというと、首です。

首の歪みは、唾液のコントロールを乱します。


日々の歯磨きも大切ですが、首を整えておくことのほうが、もっと重要だと私は思います。

そこで、私がおすすめしているのが、身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示