検索
  • 癒いこい 加藤

本当に脊柱管狭窄症が原因なの?



【お悩み相談】

脊柱管狭窄症にかかっています。


長く座っていると、お尻から足先にかけて痛みがでてきます。

整形はあまり身体を動かさない事と多少重いものは持たない事支持有りました。

シップと血流の薬と痛みとめ薬を飲んでます。


その他、接骨医院はマッサージと電気指圧及び、腰に負担がかからない様に、腰ベルト購入しました。


少しは和らいできましたが又、痛みは出てます


このままで、治るのでしょうか?



【回答】

今のままでは、治らないと思います。


今、行なっている処置は、痛みを減らすためにする処置なので、治すための処置ではないからです。


整形に行っているので、レントゲンか何かをして、脊柱管が狭くなっているところが確認されたから、脊柱管狭窄症だと診断されたと思いますので、脊柱管狭窄症なのは、間違いないと思います。


しかし、必ずしも、痛みの原因が、脊柱管狭窄症からとは限りません。


あくまで、私の経験上の話にはなりますが、脊柱管狭窄症が原因と言われた患者さんでも、体を整えていったら、脊柱管狭窄症が残った状態でも、痛みがなくなっているからです。


中には、脊柱管狭窄症が原因で痛みがでているケースもあるでしょうが、割合としては少ないと私は思います。


だから、まずは、脊柱管狭窄症をどうにかするとかではなく、全身のバランスを整えることを、スタートしていくのがいいかと思います。


全身のバランスが良くなってくると、結果、狭窄している部分に負担がかからなくなってくるので、痛みがなくなってくるか、もしくは症状が軽減してくると思います。


全身のバランスを整えていったのち、それでも症状が残っているようなら、最悪、手術を考える必要も出てきますが、いきなり、手術はしないほうが賢明だと思います。


今は、痛み止めや注射などをしながら、痛みを抑えつつ、全身のバランスを整えていく処置がいいと思います。


仮に、手術をするにしても、全身のバランスが整えていった後に、手術をしたほうが、術後の回復もよいと思います。


とにかく、今は、体を整えていくことをおすすめします。

閲覧数:9回0件のコメント