検索
  • 癒いこい 加藤

寝違えになった時の対処法


朝起きた時に、『痛っ!』って気が付く寝違え。


酷い時は、起き上がるのもやっとな時もあります。


そんな寝違えになっちゃった時、どんな対処をすればいいのでしょうか?


今回は、『寝違えになった時の対処法』について、やっていきたいと思います。



お悩み相談

昨日の朝、右側の首を寝違えました。首は、もちろん頭痛が少しだけ有ります。対処とかありますか?



回答

寝違えの状態でも、対処は変わりますが、首周辺のどこかに炎症が起きている可能性が高いですので、基本的には、痛いところは動かさないことです。


炎症の場合、徐々に痛みはなくなっていきますが、1週間くらいは、痛みが残ると思います。


炎症の具合や、その他、体の状態によっては、2週間くらい引きずることもあります。


寝違え直後に、少しでも、動かしやすくしたいのであれば、シャワーかお風呂につかると、体の緊張がほぐれるので、動かしやすくなるかもしれません。


そんな時間はない!という時は、濡れタオルをレンジなどで温めて、痛みのある場所を避けた、首周辺を温めてみてください。


その他、痛みのでない範囲で、肩甲骨を動かしたり、身体を捻ったりの、軽めの運動をしながら、背中の緊張を緩めてみましょう。


簡易的な対処はこんな感じです。


次に、今後、寝違えにならないために、行った方が良いことをやっていきます。


なぜ寝違えを起こすのか?

寝違えとは、ざっくり言えば、首周辺の捻挫です。寝返りを打つ時などに、筋肉などを捻ってしまって、痛めた時に起こります。


痛めてしまう部位は、何かの影響で、もともと緊張していて、寝返りをした瞬間に、過負荷がかかり痛めてしまった。


冬などは、身体が冷えているので、余計に緊張が強まってしまい、起こりやすい時期でもあります。


どうしたら、緊張がない状態にできるのか?


体のバランスを整えておく

首周りが緊張しているのは、体のバランスが取れていないためです。そのため、常に首周りに力が入っていて、疲労が溜まっていたりします。


だから、体のバランスを整えるために、体のケアを行っていくことをおすすめします。


寝違えを起こす状態の人は、セルフケアだけでは補えないレベルの場合が多いので、治療院での調整を受けることをおすすめします。


ただし、治療を受けたからといって、いきなりは、体のバランスは整っていかないので、身体が整っていくまでは、セルフケアでカバーしていく必要があります。

そこで、私がおすすめしているのが、この身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》

セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》

遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示