top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

寝具?寝方?が合っていないからでしょうか。


【お悩み相談】

寝て起きると首や肩が痛いです。巻肩にもなります。


寝具が合っていないからでしょうか?寝方が悪いからでしょうか?


どうすればいいですか?どんな寝具ならいいのかわかりません。




【回答】

寝具が身体にあっていない事で、寝起きに身体が痛くなることは確かにあります。


しかし、そういう人は、そもそも、身体が痛くなる身体の人なのです。


身体に合う寝具によって、痛みが軽減もしくは無くなることもありますが、本質的な改善にはなりません。


身体の状態が良ければ、よほど酷い環境でなければ、寝起きに酷い痛みとかは出なくなります。


大袈裟にいうと、どこで寝ても問題ない状態になるのです。


だから、寝具も何でも良くなります。


とはいえ、身体に合った寝具の方が、当然、身体には優しいので、そういう寝具で寝た方が良いです。


私個人の意見になりますが、寝具にお金をかけるなら、身体の状態を良くするためにお金をかけた方が良いと思っています。


寝方の問題ですが、よっぽど悪環境でない限り、今の身体の状態に合った寝方を人は無意識で行います。


例えば、横向きに寝る人は、横向きに寝てしまう身体の状態なのです。


だから、無理に仰向けに寝たりすると、身体が痛くなったりします。


身体を調整とかして、身体の状態が良くなってくると、自然と仰向けで寝る時間が増えてきます。


寝方は、あなたの身体の状態のバロメーターになるのです。


寝返りもそうです。


身体が良い時は、適度に寝返りをします。


身体の状態が悪かったり、寝る環境が悪かったりすると、寝返りをしなかったり、頻繁に寝返りをしたりします。


寝ている時の行動は、無意識下ですので、意図的にコントロールはできません。


だから、身体をしっかり調整をして、寝れる身体にしておくのが、一番の対策だと思います。


寝起きに身体が痛い人は、身体を調整して、痛くならない身体に整えてもらいましょう。


自宅では、身体のバランスを整えるセルフケアを行うと効果的です。


もし、セルフケアをするなら、以下のセルフケアをお勧めしています。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


この動画は、無料です。


こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。


遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page