検索
  • 癒いこい 加藤

寝具の選び方を教えてください!




睡眠の質にも関係してくる寝具。


あなたはどのように選んでいますか?


今回は『寝具の選び方』についてやっていきます。




【今回のお悩み相談】

腰痛持ちです。過去に3回ヘルニアになっています。


横向きで寝ている(寝返りはしていない)為か、あまり疲れが取れません。


枕や布団・ベッドの選び方が問題かと思っています。


硬いのだと痛くなるし、柔らかすぎても・・・


エアーウィーブ?みたいのが良いとは聞きますが、試しに買ってみても、ダメだったときに売れないと思うので、選ぶのに二の足を踏んでいます。


選び方など、アドバイスよろしくお願いいたします。




【回答】

寝具選びの質問はよくあります。


私がその質問にお答えしていることは、好きな寝具をお選びください。って言っています。


理由は、健康になれば、どんな寝具でも快適に寝れるようになるからです。


寝具は、そんなに頻繁に替えるものではないと思います。


だから、よっぽど酷い寝具でないなら、今使用している寝具でも、健康になっていけば、問題なく快適に寝れるのではないかと思います。


大事なのは、寝具ではなく、あなたの身体の状態です。


ただし、今の身体の状態が、睡眠を阻害してしまうレベルにあるのなら話は別です。


その場合は、一時的にでも、睡眠の質をあげるための寝具を揃えることも必要かもしれません。


そういう意味で、身体の状態がどんな状態かによって、寝具選びを考える必要性があります。


単純に、腰痛だから、この寝具にしましょう!ではありません。


身体の状態に寝具は合わせていかなければ、睡眠の質を上げれないです。


猫背などで背中が硬くなっている状態の人は、長時間背中を伸ばしていられないので、低反発の寝具がいいかもしれません。


背中の柔軟性のあるような人は、高反発の寝具の方が、しっかりと寝返りができるのでお勧めです。


このように、身体の状態を見ながら、寝具は決めていく必要があります。


もし自分が、どっちかわからないという人は、高反発の方にしておくと無難でしょう。


高反発は、寝返りがしやすいので、寝返りをしながら、疲労を回復したり、歪みなどを整えていけるからです。


しかし、どちらの寝具を選ぶにしても、身体のケアはしておくべきです。


身体を整えていけば、いずれ、どんな寝具でも寝れるようになるからです。


身体を整えないで、寝具に依存していると、その寝具でしか寝れなくなるし、身体が健康になっていきません。


まずは、身体を整えていきましょう。


治療院で整えてもらいながら、自宅ではセルフケアを行うといいと思います。


そこで、自宅で行うセルフケアには、こちらをお勧めしています。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。


詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。


遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。










閲覧数:18回0件のコメント