検索
  • 癒いこい 加藤

妊婦さんの腰痛の原因?



『妊婦さんの為の整体』も行っている当院ですが、一番多い症状が、腰からお尻にかけての症状です。 それに続き、股関節や恥骨痛による、歩行障害です。


下半身に集中しているわけです。


なぜ、妊娠中は、下半身の問題が出やすいのでしょうか?


一般的には、お腹が大きくなってきて、姿勢が悪くなって起こるイメージがあるのではないかと思います。


たしかに、要素としては大いにあると思います。


ただ、当院の考えは、少し違います。


当院の考えは、もともと、持っていた問題が、妊娠をして、ホルモンの分泌が変化して、関節がゆるくなったことで起こっていると考えています。


妊娠して悪くなったのではなくて、もともとあった問題が、表に出てきたと考えています。


ということは?


妊娠中に出ている問題を、妊娠中に終われせておけば、妊娠後は問題がなくなっているのです。


妊娠中に問題がなくなっていれば、産後に苦労しなくて済むわけです。


産後は、ただでさえ、疲労がたまるし、問題が起こってきます。


問題を持ったまま、産後を迎えるのと、ない状態で迎えるのでは、全く違うものになります。


妊娠中に、とくに腰が痛いとかなくても、便秘がちだったり、肩こりや頭痛があるなら、ぜひ、妊娠中に処置しておくことをおすすめします。


私は、妊娠、産後の時期というのを、良い思い出としておいて欲しいと思っています。


この時期が、ただ辛い時期だったと思って欲しくありません。


素敵な産前産後を迎えるために、早めに自分のケアを行っておいて欲しいです。


妊娠中のケアを希望なら、ぜひ当院にお越し下さいね(^ω^)


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示