検索
  • 癒いこい 加藤

右側の肩甲骨が痺れます。病院に行くべき?


【お悩み相談】

側弯症で、ストレートネックなのですが、パソコン等の作業をしていると右側のみの肩甲骨が痺れます。


痛みはないのですが、病院に行くべきですか?




【回答】

まずは、病院で診てもらうのが良いかと思います。


病院は、診断をしてくれるところです。


診断があって、初めて治療を考える事ができます。


レントゲンもしくはMRIを撮ってもらい、骨に異常があるかどうかなどを診てもらい、触診などで細かなところを見てもらい、外科的症状なのか?もしくは、そのたの原因が考えられるのかを診てもらうといいでしょう。


診断の後に、そのまま、整形などで治療をしてもいいし、原因によって、内科的要因があれば、内科で診てもらうといいと思います。


骨や内科的要因でなければ、鍼灸や整骨院、整体などの代替治療なども視野に入れて治療をしていくといいでしょう。


代替医療をするときは、部分的な治療よりも、全身を調整してくれるところを選ぶといいと思います。


あなたの場合、側湾症やストレートネックとのことなので(それももう一度しっかり診断してもらうといいです)、身体全身が歪んでいると思われます。


身体の歪みは、さまざまな要因が絡んで、影響を受けて起こっています。


肩甲骨の痺れは、最終的にその場所に症状が出ただけで、そこだけに異常があるわけではありません。


だから、全身を整えていきながら、最終的に、肩甲骨に影響がいかない身体にしていかなければ良くならないのです。


肩甲骨の痺れを無くすために、身体全身を整えていくと、結果的に、側湾症もストレートネックもなくなると思います。


いい機会ですので、身体全身を整えていって、肩甲骨の痺れも、側湾症もストレートネックも無くしちゃいましょう!


病院にしろ、代替医療にしろ、治療中は、自宅でのセルフケアも同時に行っていくと効果が上がります。


そこで、以下のセルフケアをお勧めしています。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


この動画は、無料です。


こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。


遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:2回0件のコメント