top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

ヘルニアの手術のメリット・デメリット


【お悩み相談】

腰のヘルニアですが、手術したほうがいいらしいですが、しないことによるメリットはあるでしょうか?


後遺症や再発等リスクがないか心配です。




【回答】

腰のヘルニアですが、手術をしないことによるメリットは、身体に傷がつかないことくらいではないでしょうか。


それよりも、本当に手術をしないといけない状態なのでしょうか?


手術をしなくても、症状が出ない状態にする事ができるのに、手術を行なっているケースも多いです。


ヘルニア自体は、手術をしなければ除去できませんが、痛みや痺れなどは、ヘルニアであってもなくすことが出来るかもしれません。


理由は、ヘルニアと痛みや痺れが出ることが関係ないことが多いからです。


だから、ヘルニアが残っていても、症状はなくすことが出来るのです。


通常、腰が痛くて病院に行って、レントゲンを撮ったらヘルニアが見つかって、ヘルニアが原因で痛みが出ていると言われるケースが多いと思います。


しかし、その診断は本当に合っているのでしょうか?


レントゲンにヘルニアが写っていますので、ヘルニアがあることは事実だと思います。


でも、ヘルニアが痛みの原因とは言えないと思います。


もしかすると、知らなかっただけで、ヘルニアは、何年も前からあったかもしれません。


レントゲンを撮ったからたまたま見つかっただけかもしれないんです。


まず、考えて欲しいのは、なぜヘルニアになったのかを考えてみて欲しいのです。


ヘルニアは、一箇所に過負荷がかかって、椎間板がニョコって飛び出した状態のことを言います。


ということは、一箇所に過負荷がかかってしまう状態がいけないのです。


一箇所に負荷がかからない身体の状態にすることが大切なのです。


仮に、ヘルニアが原因の腰痛だったとしましょう。


ヘルニアを手術で除去しても、その部分に過負荷がかかる身体の状態が変化なければ、ヘルニアが出た場所に過負荷がかかって、ヘルニアが再発するかもしれません。


もし、手術をするにしても、過負荷がかからない身体の状態にしておかないといけないと私は思うのです。


私の経験上、過負荷がかからない身体の状態にすると、ヘルニアが残っていても、痛みや痺れがなくなるのです。


あくまで、私の経験上の話ですので、手術をしないといけないケースもあるかもしれませんが、実際は、そんなケースは少ないのではないかと思います。


もし、できれば手術は避けたいと思っているのであれば、一度、身体を整えることも検討してみてはどうでしょうか?


腰に負担がかかるような姿勢の人は、姿勢をよくするとか、腰だけを調整するだけでは足りません。


身体全身のバランスを整えていかないと、腰への過負荷は無くなりません。


ですので、治療院などで、全身を整えてもらうことをお勧めします。


そして、自宅では、身体を整えるためのセルフケアを行うとより効果的だとお思います。


もし、セルフケアをするなら、以下のセルフケアをお勧めしています。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


この動画は、無料です。


こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。


遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。


閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

תגובות


bottom of page