検索
  • 癒いこい 加藤

エナジードリンクは飲んでもいいの?


身体が疲れた時なんかに、エナジードリンクを飲む人もいると思います。あれを飲んで、『頑張るぞ!』って、身体にムチを打って動くと危険です!


海外では、エナジードリンクの飲み過ぎで死亡事故もあるとか。


今回は、そんなエナジードリンクについてやっていきたいと思います。


エナジードリンクとは?

昔は、栄養ドリンクなどがありましたが、最近では、エナジードリンクとよばれる飲み物が多くなってきました。よく似ていますが、まったく別物だそうです。


栄養ドリンクは、医薬部外品に分類されますが、エナジードリンクは炭酸飲料(清涼飲料水)となります。


栄養ドリンクの中には、肝細胞に作用する働きを持つ「タウリン」が含まれている一方で、清涼飲料水として販売されているエナジードリンクには栄養ドリンクと同じ「合成タウリン」を使うことができません。


そのため、代用成分として「アルギニン」が入っています。アミノ酸の一種であるアルギニンには、血流改善・成長ホルモンの分泌といった作用があると言われています。


エナジードリンクにはどんな成分が入っているの?

エナジードリンクといっても、ドリンクによって成分は違っています。しかし、よく入っている成分がありますので、そちらをご紹介します。


カフェイン

コーヒーとかにも入っているやつですね。

脳神経を興奮させることで眠気を防ぎ、疲労感を解消させる効果があります。

また、脂肪分解酵素の活性を高める作用も。運動前に摂取すると効率よく脂肪が燃えるので、運動のパフォーマンス向上にもつながると言われているんです。


アルギニン

アミノ酸の一種です。

これは成長ホルモンの分泌を促して筋肉増強に効果があるほか、免疫機能の向上、血流改善、生殖機能の改善の作用もあります。


ビタミンB群

ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6やビタミンB12などです。

これは身体の機能を保つための必須微量栄養素となっています。

炭水化物や脂肪などを代謝し、効率よくエネルギーとして利用するためのサポートをしてくれるんです。


飲み過ぎは危険

どんなものでも、基本的には、飲み過ぎは欲ありません。ただ、エナジードリンクは、カフェインが大量に入っているので、死亡事故につながる危険性があるので、とくに注意が必要だと言われています。


飲んではいけないものとは思いませんが、本来、正しい生活リズムで暮らしていれば、エナジードリンクに頼らなくても、元気に動くことができます。


そもそも、このような物に頼ろうとしていることに問題があります。


時には、無理をして動かないといけない時もありますから、そういう時は飲んでもいいかと思います。しかし、無理をする時期を乗り越えたら、必ず、休息を取りましょう。


エナジードリンクに依存しないようにしてくださいね。普段のケアや、休息時のケアに、セルフケアは最適です。


そこで、私がおすすめしているのが、身体を整えるセルフケアです。とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


以下に、全身の歪みを整える方法を動画で公開しているのでご覧になってみて下さい。


この動画は、無料です。

詳細は、こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。

《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。

閲覧数:4回0件のコメント