top of page
検索
  • 執筆者の写真癒いこい 加藤

ぎっくり腰の回復法を教えてください。


【お悩み相談】

ぎっくり腰についてです。


今朝から腰を痛めてしまい、完全に動けない訳では無いのですが、腰が痛くて日常生活に支障をきたしているので、早く回復したいです。


なにか有効な方法をご存知でしたら教えていただきたいです。




【回答】

ぎっくり腰でも、状態によって対処は様々です。


ですので、中でも効果の出やすい方法をお伝えしていきたいと思います。


ぎっくり腰は、どんな症状かというと《腰の捻挫》です。


ですので、腰のどこかの組織が損傷していますので、そこが修復する前は、基本的には痛みは完全になくなることはありません。


だから、ぎっくり腰になった時の対処としては

・損傷箇所に負荷のかからない状態にすること

・損傷部分の炎症を抑えること

・損傷部分に血液を送って治癒を早めること

になります。


《損傷箇所に負荷がかからないようにする》には、大きく分けて2種類あります。


①患部を固定する

損傷部分にコルセットを巻いて、動かなくすることです。


そうすることで、悪化を防ぐのと、患部に刺激がいかないことで痛みを感じにくくする効果があります。


②身体のバランスを整える

ぎっくり腰は、身体のバランスが崩れていて、腰に過度の負荷がかかったことで腰が損傷することが多いです。というか、ほとんどそれが原因です。


ですので、できる範囲で、身体全体を整えて、腰に負担がかからない状態にします。


こうすることで、痛みにくくしたり、治癒を早めたり、再発しにくい身体にする効果が有ります。


《損傷部分の炎症を抑える》には、患部を冷やすことです。


患部周辺を、何かしらの方法で冷やすことで、血液の循環を抑えて、出血を止めます。それによって、炎症の悪化を抑えるのです。


《損傷部分に血液を送って治癒を早める》には、マッサージをしたり、軽い運動を行うことで、損傷した細胞に、血液を送って治癒を早めていくのです。


注意点は、患部の出血が治まる前にマッサージなどをすると、治癒力は高まりますが、出血が増え、一時的に痛みが増すことがあります。


痛みをできるだけ抑えたいのであれば、まずはしっかり止血をしてから行うことです。


痛みよりも、治癒を優先にするなら、患部を痛めない程度の動きやタッチでどんどん血液を送ってもいいと思います。ただし、先ほどもお伝えしましたが、痛みが一時的に増すことがあることは頭に入れておく必要があります。


以上が対処になります。


あと、病院でしかできない方法になりますが、最も安易な方法として、麻酔を打つことです。


必ず痛みが軽減するわけではありませんが、とにかく今すぐ痛みを感じにくくしたい人には向いているかもしれません。


ただし、麻酔は、痛みを感じにくくするのが目的ですので、治癒自体は早まるわけではありません。


だから、治癒を早めたければ、腰に負担がかからないようにし、出血を止め、血液を送る対策は行なってください。


ぎっくり腰になった時は、まずは、どれくらいの損傷があるのかを、病院で診てもらうのが一番だと思います。


検査の上、どんな処置をしていくかを検討してください。


それが、一番だと思います。


ぎっくり腰は、身体のバランスが崩れていたことが、基本的は原因です。


なので、この機会に、しっかり身体全体を整えておくといいと思います。


身体を整えるには、病院ではなく治療院で行ってもらうのがいいと思います。


そして、自宅でも、身体を整えるセルフケアを行うといいでしょう。


もし、セルフケアをするなら、以下のセルフケアをお勧めしています。


とても簡単で短時間で出来るので、毎日行って、身体の歪みを予防して欲しいです。


この動画は、無料です。


こちらをご覧になってみてください! ⇒《セルフケア無料動画》


セルフケアでも健康に戻ることもできるのですが、より早く確実に健康に戻りたい人は治療を受けてください。


治療を受けたい人は当院にお越しください。 ⇒《治療院のHP》


遠くて通えない人は、オンライン(ビデオ通話)でも整体が受けられます。


遠隔整体を受けてみたい人はこちらをクリックしてお申し込みください。⇒《遠隔整体》


一瞬で血流が良くなり筋肉が柔らかくなる 《炭酸整体スプレー》はこちらで購入できます。 ⇒《炭酸整体スプレー購入》


本日も ありがとうございました。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page